もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

iTunesが重くてアプリをインストール出来ない!というときの代替策

 こんにちは, @the_theorierです.

 

 ちょっと昨日ですね, iTunesからアプリをiPhoneにインストールしようと思ったら, 重いどころか完全にフリーズしてしまい, インストールがまともに出来ない状態になってしまって困っていました.

 

 Win版のiTunesが元々重い事は既に知られていることですが, 今回はそんなレベルじゃありませんでした…

 

 他の操作はいつもと同じくらいの重さでした, ただ最新版(iTunes12.1.2.27)にしてから, 同期ボタン(「適用」ボタン)を押すと画面が固まり, 応答しなくなってしまいました.

 何度か試した所,

  • 十数分待つとデバイス(iPhone)側で同期のアイコンがクルクルと回り始める
  • アプリインストールの途中くらいでタイムアウト?してデバイス側の同期アイコンが消えてしまう
  • その間にインストール出来るのは50%程度, 大抵1~3個が限界.
  • その後はiTunesを強制終了しなおすしかない

という感じです.

 同期ボタンを押してから強制終了するまでに20分程度, これじゃやってらんないですよね…

 場合によってはバックアップも入りますし(一応根気強く待てばバックアップしてくれてるようです).

 

 これが自分のパソコンの問題なのか, はたまた最新のiTunesによるものかはちょっと分かりません, 因みにその少し前にiPodTouch5をiOS8.3にアップデートしたんですが, その時はいつもと同じ程度の「重さ」でした.

 

 兎も角これじゃ作業にならない!ってことで少し調べ, 2つ程代替手段があるようなので(というか自分がとっくに知ってるモノでした…), 備忘録を兼ねて書いておきます.

 

 

1. iFunboxを使う場合

 まずはiFunboxを使った方法です.

 検索してダウンロード, 起動してiPhone等(以下iOSデバイス)をパソコンに繋げましょう.

 

150417_01

  こんな感じになるので, 上のメニューにある「Managing App Data」をクリックします.

 

150417_02

 すると上のようにiOSデバイスに入っているアプリを確認できます(厳密には下に見えるAll My Appsがそうで, 「Click to Show All」をクリックして表示するんですが, 今回は特に必要ないので省略します).

 この状態で赤枠に見える「App のインストール」をクリック.

 

150417_03

 ポップアップが出てくるので, インストールしたいアプリのipaファイルを選択します.

 因みにipaファイルの保存場所は, デフォルトであればWindowsでは

C:\ユーザー\[ユーザー名]\My Music\iTunes\iTunes Media\Mobile Applications

になりますが, 分からない場合はiTunes上で適当なアプリを右クリックしてプロパティを開けば, 「ファイル」タブに保存場所が書いてありますのでそこから辿りましょう.

 

150417_04

 するとインストールが始まり…

 

150417_05

 完了します, 念のためデバイス側で確認したら, 右上にある×ボタンを押してポップアップから抜けます.

 

 いくつかやった感じでは, 複数のアプリを一気にインストールすることは出来無さそうです, 自分の見落としがあるかもしれませんが.

 また同一タイトルは上書き?されるようです, 更新済みのアプリで行ってみたところ, iOSデバイスでちゃんとアップデートされていました.

 

150417_05a

 因みにですが, このソフトの「使い道」は人それぞれで, 中には今回の方でなくその左にある「File Browser」に価値を見出す方もいます.

 しかしどうやら現在のバージョンはiOS8.3に対応しておらず, 上のように左にあるフォルダツリーの各項目をクリックしても何も表示されません.

 iFunboxをiOS8.3で利用するには, 現段階では使える機能とそうでないものがあるようです.

  なお, このソフトは上と同じ画面でiOSデバイスにある写真をパソコンに保存(コピー)も出来るんですが, そちらは右下のステータスバーや保存フォームにバグがあるものの, 保存は出来るようです.

 

 

2. 構成ユーティリティを使う場合

 二つ目は構成ユーティリティです.

 こちらはAppleが公式に配布しているソフトです, こちらもダウンロードして起動し, iOSデバイスをパソコンに繋ぎます.

 

150417_06

  すると上のようになります, 左の「ライブラリ」にある「アプリケーション」をクリックします.

 

150417_07

 切り替わった画面の右側に, iOSデバイスにインストールしたいアプリのipaファイルをドラッグ&ドロップします.

 

150417_08

 左のサイドメニューの「デバイス」にある自分のデバイス名をクリックし, 切り替わった右画面を「アプリケーション」タブに替え, 先程入れたアプリを探し, 「インストール」をクリックします.

 これでiOSデバイスにアプリがインストールされます.

 

150417_09

 無事終了すると他のアプリ同様「アンインストール」に変わります.

 ようはここでiOSデバイスにあるアプリをアンインストールすることが出来るわけですね.

  なお, こちらの方法ではアプリの上書きは出来ません, 更新されたアプリをアップデートするには, 予め旧バージョンのアプリをアンインストールする必要があるそうです.

 一度アンインストールすると不都合なアプリではお勧めできませんね.

 

 

 バックアップについてはどうしようもありませんが, アプリについてはこれで対応できそうです.

 皆さんも万が一があったら一考してみてください.