もう一人のY君

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

自身のメールアドレスにテキストや画像を送れるアプリ「Boomerang」

iOS iOS-アプリレビュー

スポンサーリンク


170113_05

 指定したメールアドレスにテキストや画像を投げるアプリです.

 

Boomerang : send notes to yourself

Boomerang : send notes to yourself

  • Thomas Kientz
  • 仕事効率化
  • 無料

※価格は記事執筆時のものです. 現在の価格はApp Storeから確認ください.

 レビュー時のバージョン : v1.0.0

 

 

登録したメールにテキストや画像を送る

170113_06

 起動するとSiriの使用許可を求められます.

 そう, このアプリはSiriに喋ってテキストなどを送ることもできるんです.

 不要と思ったら「許可しない」にしておきましょう, 後で使いたくなった場合は設定アプリから許可します.

 

 

170113_07

 初期画面は送り先のメールアドレスの指定になります.

 "Type your email" にメールアドレスを記入し, 下にある "Next >" をタップします.

 画像が変わり, 入力したメールアドレスに専用コードを送った旨が書かれていますので, 一旦アプリから抜けて対象のメールアドレスを確認し, 4桁のコードを確認します.

 

 

170113_08

 4桁のコードを確認したら再びアプリに戻り, そのコードを打ち込みます.

 正しければ画面が変わり, 同時に写真アプリへのアクセス許可などを求められます.

 

 以上で準備は終了です.

 

 

170113_09

 あとは画面上にテキストを書いたり, その下にあるアイコンをタップして画像を選択して "Send"をタップすれば指定のメールアドレスに送られます.

 画像右の通り, テキスト一行目がメールタイトルを兼ねます.

 なお"Send"上にあるアイコンは

 

  • 左端:カメラ起動
  • 中央3つ:カメラロールの直近3つ
  • 右端:カメラロールから選択

 

となります.

 

 

Siriでの動作

170113_09a

 Siriで使う場合は上のように「Boomerangでテキスト送って」などと言えば「内容はどうしますか?」と画面が出るので入力したいテキストを話かければそれがテキストとなって送信待ちとなります.

 

 ただ結構「Boomerang」が「ブーメラン(カタカン)」になってアプリであると判定してくれないことがたまにあります.

 

 画像の場合も同じようにやってみましょう.

 

 

 人によってはメモなどをメールに送って後で確認したりすることがあると思います.

 或いは「メモ専用メール」など.

 そういった先へ送るのにとても便利ですね.

 

 URLスキームは今のところ確認できませんでした.

 

 

URLスキームについてはこちら

[Search]iPhone URLスキーム -The theoryの戯言

iPhoneのURLスキームを検索して一覧表示できます. リクエストは内容に応じてお答えします.