もう一人のY君

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

ボリュームボタンで操作するストップウォッチ「Classic Stop Watch +」

iOS iOS-アプリレビュー iOS-Tips

スポンサーリンク


 160303_00

 またまた面白そうなアプリが.

 後述するようにちょっとしたアイデアで更に使いやすくなります.

 

Classic Stop Watch +

Classic Stop Watch +

  • ThatApp
  • ユーティリティ
  • 無料

 レビュー時のバージョン : v1.0

 

[Contents]
 

 

基本操作

160303_01

 このストップウォッチアプリは画面上でスタート/ストップは行わず, デバイス横のボリュームボタンを使用します.

 ボリュームボタンの+でスタートor停止, 同じく-でラップカウントします.

 ストップウォッチのリセットのみ, 画面上にある「Reset」をタップして行います.

 操作系はこの3つだけです.

 

 

160303_02

 ボリュームの+を押してスタート.

 

 

160303_04

 ボリュームの-を押すたびにラップカウントされます.

 画面上の大きい方の時間がスタート時からの経過時間, その上にある少し小さい時間が, ラップ時であれば前回のラップカウント時からの経過時間になります.

 

 リセットボタンはタイムカウント中でも問答無用で停止します.

 

 

ボリュームボタン付きイヤホンを使わない手は無い

thetheorier.hatenablog.com

 ボリュームボタンを使って行えるならば, きっとこれでも出来るはず…!

 

 160303_05

 手持ちにあるならそれを, 無ければ安モノでも良いので用意しましょう.

 先日のエントリに書いた通り, スライド式のボリューム付きイヤホンはダメです, 押しボタンタイプならOK.

 

 

160303_06

 イヤホンをジャックに差し込み, ボリュームの+側をカチッ.

 はい使えました!

 

 

160303_07

 ラップもちゃんと機能しています.

 

 

ボリュームボタン付きイヤホンを使うメリット

 いくつか考えられるでしょうが少なくとも

  • ボリュームボタンが壊れてるデバイスでも使える
  • 壊れてはいないけど出来るだけ使いたくない
  • 押し損じを防げる
  • アナログボタンで使いたい

などがあると思います.

 レリーズとしての機能は自撮り棒へとアイデアを変えて現在に至りますが, まさかストップウォッチのスイッチ代わりに使えるとは…

 

Apple EarPods with Remote and Mic (iPod・iPhone用イヤホン) MD827FE/A

Apple EarPods with Remote and Mic (iPod・iPhone用イヤホン) MD827FE/A

 

 

 ボリュームボタン付きでリーズナブルなのを2点紹介しておきます.

 

 

  下は新作, ちょっと高めです.

GIZMON iPhone/iPad/iPod Touch対応ケーブルレリーズ iCA REMOTE SHUTTER K イエロー GIZ-ICARS-K
 

  逆にこの手の"本来の意味での"レリーズはシャッターを下ろすだけなのでこのアプリでは使えません.

 使いすぎて壊してしまいましたがこれはこれで便利ですよ, 安くて見たが目懐かしのネガケース型ということでオススメです.

 セルカ棒の人気もあってかBluetoothレリーズが多いですが, サッと出して撮るにはやはり有線が一番です.

 

 価格や仕様などを熟読の上判断くださいね.

 ※本来の使い方でないため, ボリュームボタン式であっても必ず使える保証はないことをここで断っておきます.

 

 

 

 

 こういう, ありそうでなかった発想をされる方は凄いですね.