もう一人のY君

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

【Tips】通知センターやコントロールセンターを開くコツ

スポンサーリンク


170111_00

 通知センターやコントロールセンターを開こうと思っても, うまく開かないときがあります.

 確実に開くにはちょっとしたコツがあります.

 

 知り合いにも結構うまく出来なくてイライラするって声を聞くので紹介したいと思います.

 

 

スワイプの仕方を変えてみる

170111_01

 画像はスマートフォンを平置きで横から見た大ざっぱなイメージです(灰色部分がディスプレイ).

 iPhoneのような静電容量方式は, 触れた指から出る微弱な静電気による静電容量の変化を読み取ることで, タップしたかどうかを判断します.

 

 そのとき弾くように接触すると, ディスプレイに触れる面積や時間が減るため, キチンと判定される可能性が下がってしまいます.

 従って多少面倒に思っても, 十分に触れることが大事になってきます.

 

 

170111_02

 大ざっぱに解説すれば①画面端少し外側から触れ、②ある程度ドラッグし、③進行方向へ指を離す、これで開く確率は格段に上がります.

 

 

170111_03

 動画やGIFじゃないですけど実画像でも.

 画面外から指を当て…

 

 

170111_04

 コントロールセンター(or通知センター)が出ているのを確認してから…

 

 

170111_05

 進行方向へ指を離します.

 

 

 表示される割合によっては指を離すだけでよく, 特にコントロールセンターについては明るさ調節のスライドバーが表示しきった状態で指を離しても表示されます.

 

 通知センターはコントロールセンターほど「ひっかかり」はありません.

 一度引っ張って完全に停止した状態であれば画面の上1/3程度でも降りてくれますが, 日常で使うに当たって途中で完全停止するような面倒なことはしないでしょう(画面上からスワイプするので片手操作であれば尚更です).

 

 

 うまく表示できない理由は判定の要因は勿論のこと, 例えばディスプレイに汚れや傷があったりしても起こりえます.

 

 因みに横画面になると今回の方法でもちょっと厳しいです.

 コントロールセンター等でない, 通常の画面端のボタンなどの操作との兼ね合いが難しいからですね.