もう一人のY君

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

Geekbenchのリニューアル版「Geekbench 4」が登場

iOS iOS-アプリレビュー

スポンサーリンク


160831_00

 夏休みも最後というタイミングでリニューアル版が登場しました.

 

Geekbench 4

Geekbench 4

  • Primate Labs Inc.
  • ユーティリティ
  • ¥??

 2016年9月13日までリリース記念ということで無料となっています.

 通常価格は今のところ不明です, 因みにGeekbench 3の通常価格は120円ですね.

※価格は記事執筆時のものです. 現在の価格はApp Storeから確認ください.

 レビュー時のバージョン : v4.0.0

 

[Contents]
 

 

より迅速に、より正確に

160831_01

 前作もスッキリしたデザインでしたが4では更に落ち着いたデザインになっています.

 また3では画面上から各メニューに進む形式でしたが, 4では画面下に切り替えメニューが備わっています.

 なお4ではRun Battery Benchmarkが付属していないようです.

 CPU Benchmarkに特化したということでしょうかね?

 

 兎も角ベンチマークを測定するには, メニューのBenchmarksから"CPU"をタップ, 続いて"Run Benchmark"をタップします.

 

 

160831_02

 今作は測定中の画面が画像のように黒背景になります.

 また計測時間も前作に比べかなり時間をかけるようになり, 僕が2回測ったところどちらも2分前後でした.

 

 

160831_03

 今作では各スコアの並びがやや異なるようです.

 測定するコンテンツも新しいものが登場しています, 近いうちに先日のように紹介したいと思います.

 

 

160831_04

 Resultタブの隣のシングル・マルチコアそれぞれのスコアをタップすれば他デバイスの指標と比較できるいつもの画面になります.

 

 

History

160831_05

 Historyメニューではこれまで測定したベンチマークを見返すことができます.

 今作では最後に測定したスコアの概要をその場で確認できるようになりました.

 

 

Device

160831_06

 Deviceメニューでは対象のデバイスの基本情報を確認できます.

 

 

Settings

160831_07

  • Auto-Upload Results

 これをオンにすると, 測定したデータがGeekbench公式に自動的にアップロードされます.

 気になる方はオフにしておきましょう.

 

  • Dropbox

 測定したベンチマークシートをDropboxにバックアップします.

 

 

 3より時間をかけるところがちょっと気にはなりますが, 正確な値に拘っていると思えば気にならないかもしれませんね.

 持っておくに越したことはありませんので無料のうちにダウンロードをオススメします.

 

 URLスキームは 3 と同じく

db-552dnx1wyab7an2:

でした.

 

 

URLスキームについてはこちら

[Search]iPhone URLスキーム -The theoryの戯言

iPhoneのURLスキームを検索して一覧表示できます. リクエストは内容に応じてお答えします.