もう一人のY君

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

【Googleアドセンス】インフィード広告のベータプログラムに選ばれたので貼ってみました

スポンサーリンク


170401_00

 「フィード」とは, ブログやサイトで言うところのコンテンツ一覧のようなものです.

 僕のこのブログで言うなら↓こちらの記事一覧ですね.

 

blog.thetheorier.com

 「イン」フィードなのでこのような一覧表示の中に自然に紛らわせるタイプの広告ということになります.

 

 

メールがやってきた

170401_01

 気づいたのが昨日夜, 寝る前だったので全然気づきませんでした.

 現在はベータ版ということみたいなのですべてのユーザーには使えないんでしょうかね?

 

 

170401_02

 先日増え始めた関連コンテンツを, もうちょっと自由にしたような感じみたいです.

 

 

170401_03

 モバイル云々と書いてありますが後述の通りPCでも表示されます(この記事でも表示されているのがおいおいわかると思います, この位置だとまだかも).

 

 

170401_04

 広告のタイプは

 

  • 上部の画像
  • 横の画像
  • 上部のタイトル
  • テキストのみ

 

の4種類が用意されています.

 今回は「上部のタイトル」を選んでみました.

 

 

170401_05

 するとデザインやレイアウトなどを編集することができます.

 これが終わったらコードが発行されます.

 

 

170401_06

 コード画面はこのような感じ.

 

 

どこに貼れば良いのか?

 右下の説明を見ると,

 

  • 広告を掲載するページのコンテンツフィードのHTMLに、広告コードを配置してください
  • 同じフィード内やページの異なるフィードに、同じコードを何度でも追加できます

 

とありますね.

 でもここはてなブログってフィード(≒記事一覧)を弄ることってできないと思ったけど…

 それに何度も追加できるって言うけど「同じフィード内やページの異なるフィード」ってどういうことだろ…

 

 

 …というわけで色々試して見たんですが, どうやら

 

通常のテキスト広告やディスプレイ広告と同じように扱って「も」大丈夫

 

のようです.

 普通にヘッダやフッタ, サイドバーなり何なりに貼っても表示はされました.

 まぁ広告のタイプがタイプなのでそんな場所に貼るメリットなんぞ無いと思いますが.

 

 また手打ちで本文に貼ってもちゃんと表示されました.

 

 なので今回は記事中に自動挿入することにしました.

 

【改良版】コピペで簡単!はてなブログで「文中にアドセンス広告を入れる」を自動化する方法 - UXエンジニアになりたい人のブログ

uxlayman.hatenablog.com 上記記事は当ブログの密かな人気記事なのですが、どうも最近問題が発見されたようです。 要は 記事上下の広告を移動するスクリプト使う →(2重、もしくは多重カウントされて)アクティブビュー視認可能率が下がる →(みんなが見ない場所に貼られた広告だと判断されて)広告単価が下がる という話であるようです。 ということで改良版をつくりました。 ...

 参考にしたのはこちらのブログさんです.

 

 広告がアクティブになったところで確認してみると…

 

 

170401_07

 PCではこんな感じ.

 

 

170401_08

 スマホでもちゃんと表示されました.

 

 PCでだと下部分に結構な余白がついたり消えたりして, ちょっと不安定です(画像ではたまたま余白がなくなってます).

 ベータ版の影響でしょうか.

 

 

スポンサーリンクの表示は?

 これについては, 関連コンテンツと同じく広告内に「広告」のロゴが付いているため, 多分入れる必要はないんじゃないかと思います.

 確信はありませんが.

 まだ貼ってる人もこの時点では少ないみたいなので, 何が最適解かもわかんないですし.

 

 

 というわけでこのインフィード広告の効果がいかほどか, しばらく様子見したいと思います.

 

 そもそもフィードに貼れないから記事中にしましたけど, OKなんですかね?

 

 一つのページに複数貼っても良いのか云々も気になります, まぁこれ以上増やしたらデメリットの方が大きそうなので一つで十分でしょうけど.