もう一人のY君

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

スクリーンショットをフレーム付きに加工する「LaunchMaker」

スポンサーリンク


161011_00

 ランチャーかと思ったら全然違った, でもこれはこれで良いアプリ.

 

LaunchMaker

LaunchMaker

  • Kenta Araki
  • ユーティリティ
  • 無料

※価格は記事執筆時のものです. 現在の価格はApp Storeから確認ください.

 レビュー時のバージョン : v2.0.0

 

[Contents]
 

 

スクリーンショットをサクッとフレーム付きに

 ブログなどで見る, スクリーンショットそのままでなく匡体のフレーム付きの画像を作れます.

 

161011_01

 アプリを起動し, まずは中央辺りを左にスワイプして新規作成します.

 

 

161011_02

 カメラロールから好きなスクリーンショットを選択すると若干の時間を置いて画像左のようになるので, 良ければ「保存」を, 他のにするなら「選びなおす」で戻ります.

 保存した場合は完了画面が出るのでOKをタップして一旦終了します.

 

 

作成したフレーム付きスクリーンショットを保存する

161011_03

 上記の時点では作成したコンテンツはアプリ内にしか存在しません.

 カメラロールに保存したりするには再びアプリのホーム画面に戻り, 今度は中央から右にスワイプ, するとこれまで作成したギャラリーが出てくるので対象をタップします.

 

 

161011_04

 プレビューになるので左下のアイコンをタップすれば保存やシェア, 右下のゴミ箱アイコンをタップすれば削除できます.

 

 

161011_05

 作成したのがこちら.

 保存されたコンテンツは拡張子がpng, サイズは750×1334となります(iPhone6の場合, また周囲の余白を含む).

 したがって撮影したスクリーンショットより全体がやや小さくなります.

 

 

 フレームの色はホワイトのみのようですね.

 

 URLスキームは今のところ確認できませんでした.

 

 

URLスキームについてはこちら

[Search]iPhone URLスキーム -The theoryの戯言

iPhoneのURLスキームを検索して一覧表示できます. リクエストは内容に応じてお答えします.