もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

【ショートカット】指定キーワードで確実にGoogle検索する【含まれない、含めて検索】

f:id:thetheorier:20200202090617p:plain

 Google検索するとしばしば表示される厄介な機能を緩和します.

 

ショートカット

ショートカット

  • Apple
  • 仕事効率化
  • 無料

※価格は記事執筆時のものです. 現在の価格はApp Storeから確認ください.

 レビュー時のバージョン : v4.0.1

 

スポンサーリンク

 

 

 

「含まれる」「含まれない」

f:id:thetheorier:20200202090851p:plain

 ブラウザでGoogle検索するとしばしばそのワードが含まれない結果や, 含まないのにやっぱり含めて検索するといった意味不明な検索結果を表示することがあります(表示結果下にこのように出るのはPCの時のみ).

 そのワードで検索しているというのに迷惑きわまりないですよね.

 

 また検索結果として表示されているにも関わらずいざそのページに飛んでもそのワードが一つもない…なんてこともあってイライラさせられます.

 

 

検索オプションを使う

 Google検索ではいくつかの検索オプションが存在します.

 例えば

 

site:https://www.google.com メール

 

で検索するとhttps://www.google.comのうち「メール」のあるサイトおよびドメインを検索します.

 

 検索オプションは他にも複数あり, 今回使用するのは

 

allintext:

 

というオプションです.

 このallintext:は指定キーワードが本文にすべて含まれたWebページのみを表示します.

 似たオプションでintext:がありますがこちらは単一ワードになるため基本的に前者で良いでしょう.

 

 

f:id:thetheorier:20200202094319p:plain
allintextなし(左)とallintextあり(右)【iPhone8 Safari(Google検索)での結果】

 実際に同じ検索ワードでallintextを付けなかった場合と付けた場合では上の画像の通りで全然違います.

 同一Webページの位置関係が全然違いますね.

 上画像右でQiitaのページがないのは対象ページ本文に"iPhone"がないからです.

 

 

allintextを用いたGoogle検索のショートカット

 検索を行う際いちいちallintext:を付けるのは面倒ですしこれまでのように自然に検索して頭にallintext:が付くようにしたいものです.

 そこでショートカットアプリを利用します.

 

 

f:id:thetheorier:20200202095503p:plain

 中身は非常にシンプルで, まず"入力を要求"アクションで検索したいワードを入力させ, 次に"Webを検索"アクションで

 

  • テキスト→allintext:"指定入力"
  • サービス→Google

 

とするだけです.

 

 

f:id:thetheorier:20200202100353p:plain

 あとは普段と同じ用に検索するだけで, allintext:付きの検索結果を表示します.

 

 

 結構前から不評で未だに改善されていないですがこれでマシになるでしょう.