もう一人のY君

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

短縮URLの短縮元を確認できる「URL X-ray」

iOS iOS-アプリレビュー

スポンサーリンク


160918_07

 リンクへ進む前に元のURLをチェックできます.

 

URL X-ray

URL X-ray

  • Swaytilt, LLC
  • ユーティリティ
  • 無料

※価格は記事執筆時のものです. 現在の価格はApp Storeから確認ください.

 レビュー時のバージョン : v1.0

 

[Contents]
 

 

短縮URLのメリットとデメリット

 短縮URLとは, 元々のURLへリダイレクトする, 元URLよりも文字数の少ないURLのことです.

 Twitterなどの文字制限のある環境で重宝されるわけですが, それが本当に望むURLの短縮URLであるかを, 短縮URLを見るだけでは分かりません.

 なのでフィッシングやウイルスへの誘導などに使われるケースもあります.

 

 それらの行為を未然に防ぐには, 短縮元がどのようになっているかを確認するなどの方法が求められるわけです.

 

 そもそも短縮のままでは一体どんなサイトなのか…を知ることもできません.

 サイト側としても自分のサイトURL(せめてドメイン, 場合によってはサブドメインも)を記憶してくれない(しようがありません)というデメリットもあります.

 

 従って, 文字数制限等のような事情でもなければわざわざ短縮にするメリットって個人的に感じられないんですよね…

 しかし利用するサービス次第では標準で短縮されたりします.

 どの道それを見てどう判断するかはそれを見た人にゆだねられるわけですが.

 

 

スポンサーリンク

 


アプリから利用

160918_10

 アプリを起動すると「Enter a short URL...」のボックスがあるのでここに短縮URLを入力して下にある"X-ray"をタップします.

 

 

160918_11

 すると短縮元のURLを確認することができます.

 

 

エクステンションから利用

 エクステンションからも使用できます..

 

160918_08

 まず予めエクステンションの「その他」をタップし, 本アプリをオンにしておきます.

 

 

160918_09

 その後, 短縮URLを長押ししてエクステンションを開き, "Open in URL Xray"をタップすればそのURLの短縮元を参照できます.

 

 

 毎回というわけではありませんが変なページに飛ばされたり, 迷惑メールを受け取るきっかけにもなりますから, 怪しいと思ったときはこれで予め確認してから判断すると良いです.

 

 URLスキームは今のところ確認できませんでした.

 

 

URLスキームについてはこちら

[Search]iPhone URLスキーム -The theoryの戯言

iPhoneのURLスキームを検索して一覧表示できます. リクエストは内容に応じてお答えします.