もう一人のY君

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

レスポンシブWebサイトの表示チェックに「WideBrowser」

iOS iOS-アプリレビュー

スポンサーリンク


160820_00

 レスポンシブWebデザインのWebサイトを色んな横幅で確認できる, 基本Web制作者向けのアプリです.

 これまでは3.5インチデバイスの仕様でしたが, 先日最近のiOSに対応しました.

 

WideBrowser

WideBrowser

  • officeRK inc.
  • 仕事効率化
  • ¥120

※価格は記事執筆時のものです. 現在の価格はApp Storeから確認ください.

 レビュー時のバージョン : v1.1

 

[Contents]
 

 

スマホ・タブレット・PCの横幅に素早く切り替え

160820_01

 起動すると画面上にボックスがあるので, そこに表示したいWebサイトのURLを入力します(検索はできません).

 画面上, 左右にある数字①は, 表示したWebサイトのディスプレイにおける左端と右端の位置になります.

 デフォルトでは画面下のタブが「Phone」, つまりスマホ表示になっているため②, 対象のWebサイトがスマホ表示で320pxに指定してある場合は数字①は動くことはありません.

 

 

160820_02

 下のタブを「Tablet」に切り替えてみます.

 するとタブレット用の横幅に切り替わります.

 しかしiPhone自体は横幅は320pxで表示しますから, このように横幅の一部しか表示されないわけですね.

 左右にスワイプすると見えなかった部分を見ることができます, その際移動した分だけ, 画像上左右端にある数値が変化します.

 画像右は言うなればタブレット表示でページ左端から181px右に移動したということになります, このときの右端は501px, 501-181=320なので相変わらず320px分だけが見えています.

 

 タブを「PC」にしても同様です.

 

 

スポンサーリンク

 


ブックマーク

160820_03

 画面下の本のアイコンをタップすると, ブックマーク画面になります.

 毎回URLをコピペして開くのは面倒ですので, この画面左下にある+アイコンをタップしてページをブックマークしておけます.

 

 

設定

160820_04

 これら「Phone, Tablet, PC」というのは, 各々によって数値が異なってきます.

 画面右下にある歯車アイコンをタップすると, この3つに応じて指定された横幅・ユーザーエージェントを好みに変更できます.

 

 

160820_22

 試しに, iPhone6の横幅である320pxより小さい200pxにしてみると, 画像のように更にほっそりとした表示になりました.

 

 

 手持ちのスマートフォン, タブレット以外で, 自分のWebサイトがどのように見れるのか, 実機が無くとも確かめることができますね.

 

 URLスキームは今のところ確認できませんでした.

 

URLスキームについてはこちら

[Search]iPhone URLスキーム -The theoryの戯言

iPhoneのURLスキームを検索して一覧表示できます. リクエストは内容に応じてお答えします.