もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

ウェブサイトの稼働時間やパフォーマンスをチェック「Zuppit」

Zuppit web site server

 指定したウェブサイトを監視してパフォーマンスをチェックしたり何かあったら通知もしてくれます.

 

Zuppit

Zuppit

  • UKFast
  • ユーティリティ
  • 無料

※価格は記事執筆時のものです. 現在の価格はApp Storeから確認ください.

 レビュー時のバージョン : v1.0.0

 

スポンサーリンク

 

 

ウェブサイトやサーバーのパフォーマンスチェック

180113_05

 アプリを起動すると通知の許可を求められます.

 

 

180113_06

 ホーム画面の "Add URL" をタップしてチェックしたいウェブサイトのURLを追加します.

 

 

180113_07

 追加したばかりではまだ情報が足りないので, 最低5分は待って欲しいとのメッセージが表示されます.

 

 

各種項目・OUTAGES

180113_08

 というわけで数日後のものがこちらです.

 レスポンス悪いですね…

 項目をタップすると

 

  • OUTAGES
  • RESPONSE
  • SERVICES

 

の3項目に分かれます.

 

 

180113_09

 OUTAGESの項目を更にタップするともう少し細かいステータスを見れます.

 今回はHTTPS非対応のページなので落ちてるのは当然ですね.

 

 

RESPONSE

180113_10

 RESPONSEタブでは直近でのページレスポンスをグラフで確認できます.

 グラフ上をタップすればその時刻でのスコアが確認できます.

 "DATA OPTIONS" をタップするとタイプや期間を切り替えることができます.

 

 

SERVICES

180113_11

 SERVICESタブでは指定ページのHTTPS, HTTP, PINGでの状況を確認できます.

 サーバーの状況が悪ければ特定時刻に落ちてたりするんですが良くも悪くも安定してるのでそういう画像が撮れません…

 こちらも画面右上にある "LAST 24 HOURS" をタップすることで

 

  • LAST 24 HOURS:直近24時間
  • LAST 7 DAYS:直近7日
  • LAST 30 DAYS:直近30日

 

に切り替えられます.

 

 

通知の設定

180113_12

 画面右上の "Edit" から "Alerts" を選択すると,

 

  • HTTP
  • HTTPS
  • PING

 

の3項目で異常があったときに通知することができます(いずれもデフォルトでオン).

 

 

設定

180113_13

 ホームに戻って画面右上の歯車アイコンをタップすると設定画面となります.

 ここから通知をアプリの通知機能とメール送信で選択できます.

 

 また "Edit" にあった "Rename" でリネームするとその項目がここに表示され, ここから同じように通知を個別に設定することができるようになります.

 

 

 サーバーなどが不安定で頻繁にチェックしたい…という場合に使えます.

 HTTPSでも不安定になることはあるみたいですね.

 

 URLスキームは今のところ確認できませんでした.

 

 

URLスキームについてはこちら

[Search]iPhone URLスキーム -The theoryの戯言

iPhoneのURLスキームを検索して一覧表示できます. リクエストは内容に応じてお答えします.