もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU  MENU

【iPhoneショートカット】確認してから電話を発信するレシピ【誤操作】

 

 iPhoneで電話をかける場合、多くの状況で確認なしに発信する仕様です.

 履歴など場合によってはワンクッション置いて確認できますが年を押した状況はどうしてもあります.

 

 巷ではワンタップで発信するレシピが転がっているわけですが、今回は敢えてそういうレシピを考えます.

 

 

ショートカット

ショートカット

  • Apple
  • 仕事効率化
  • 無料

※価格は記事執筆時のものです. 現在の価格はApp Storeから確認ください.

 レビュー時のiOSバージョン : iOS17.5.1

 

 

スポンサーリンク

 


 

 

 

シンプルな方法

 ワンタップで終えるハックなら「発信」アクションで済ませるわけですが、今回はわざと「アラート」アクションを挟みます.

 画像のように「アラート」アクションのオプション「"キャンセル"ボタンを表示」をオンにしておくことで直前の操作をキャンセルできます.

 

 アラートのタイトルや本文には、確認を促すため選択した電話番号や名前などの情報を入れます.

 

 

 「連絡先」に限らず、すべての(マジック)変数は各々に応じて名前やファイルサイズなどの種類を指定して出力できます.

 「~を取得」の類のアクションよりこっちの方が有益だったりします.

 連絡先の場合デフォルトは名前でしょうから、変数を追加して電話番号などの情報も好きに追加していきます.

 

 

 今回発信する相手は「連絡先」アクションで決定した出力を使うため、「発信」アクションの入力はタップして選ぶのではなく、長押しして「変数を選択」を選んで「連絡先」アクションの出力を選びます(画像赤).

 

 状況によっては長押しメニューから直接選ぶこともできます(画像青)が、レシピが長くなると希望のアクションのものかその場で判断できなくなるので少し注意です.

 

 

 これで選択後にアラートで確認した上で発信できます.

 しかし連絡先のこの画面からタップする場合であれば一度詳細画面に移動するのであまりメリットを感じません.

 それに毎回連絡先から選ぶのは面倒なのである程度に絞りたいです.

 

 

 

改良

 そこで連絡先を絞ってからアラート→発信に改良します.

 「連絡先」アクションで発信したい相手のみを選び、その結果を「リストから選択」で一件取り出してその連絡先に対してアラートをかけた上で発信します.

 

 

 

 これで連絡先から探す手間が省けます.

 

 

 

 長い事使っていてもどうしてもうっかり触ってワンタップ発信してしまうことがあるんですよね.

 時には「必要な無駄」があっていいと思います.

 

 着信履歴の情報を取り出すアクションがあると嬉しいですね.

 自分は履歴からかけることが多いので.

 それが可能になれば履歴のうち連絡先にあるものだけをリストアップして選択できるようになって個人的に使い勝手が向上するんですが…