もう一人のY君

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

【iOS10】ポートレート機能が無くても背景をボカした写真は撮れる

iOS iOS-Tips

スポンサーリンク


161107_00

 iOS10.1より, 標準カメラアプリにポートレート機能が追加され, 上の画像のように背景をボカした写真を作ることができるようになりました.

(上の画像はiPhoneで撮ったものではありません, すいません…)

 

[Contents]
 

 

ただしiPhone 7 Plusのみ

 しかしこの機能は現在iPhone 7 Plusにしか搭載されていません.

 他のデバイスはiOS10.1をサポートしていてもハード的に対応していません.

 従ってこの機能を多いに利用できるのは全体のiPhoneユーザーのほんのわずかでしかありません.

 

 

標準アプリでも十分ボカせる

 トップ画像のように, 紅葉のようなピントを合わせにくい被写体の場合, 普通にピント合わせすると中々合わなくてイライラするものです.

 対象を長押ししてもその背景の方に焦点が合う…なんてことはザラですよね, この辺はオートモードであれば何もスマートフォンに限らずデジカメでも同じです.

 

 実はちょっと発想を変えるだけで簡単にピントを合わせられる上, 背景をボカした写真を撮ることができます.

 

 

161107_00a

 まず何も考えずにカメラを向けた場合です.

 ピントとしては自転車のカゴに入っている鞄辺りになっていますが, 背景もしっかり見えていますね.

 

 

161107_00b

 ここで敢えて視点を変えて, ピントを合わせやすい好きなものにカメラを向け, フォーカスを合わせて固定します.

 

 

161107_00c

 フォーカスを固定したまま向きを戻せばこの通り, 標準アプリでもここまで背景をボカすことができます.

 あとは必要に応じて明るさを変え, 撮影するだけです.

 

 

スポンサーリンク

 


 整理すると

 

  1. 被写体でなくとも良いのでピントを合わせやすい対象を使って, 被写体との距離が同じになるようにした上でフォーカスを固定する
  2. フォーカスを固定したまま被写体へカメラを向け, シャッターを押す

 

, これだけです.

 

 やってることは標準アプリでも他のサードパーティ製アプリでも, 他のスマートフォンでも, デジカメでも同じです.

 

 

 最近のカメラでは当たり前についているオートフォーカスですが, それはそれで便利なんですが自分の都合通りにピントを合わせるのは簡単ではありません.

 ましてオートフォーカスに頼りっきりだとこの背景をボカすことは大抵諦める事になってしまします.

 

 見ての通りとても簡単なのでカメラをお持ちの方はその場で試してみてください.