もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

iPhoneで壁紙が縮小される理由

 こんばんは, @the_theorierです.

 

 今回は壁紙設定の話です.

 

 よく聞く話で、例えば「カメラで撮った写真を壁紙にしようとしたら縮小される上拡大できない」ってやつです.

 

 サクッと結論を言ってしまうと, これは「アスペクト比」、つまり縦横比に問題があるからです.

 

150423_01

  スマホは大抵縦長で, 壁紙も同様に縦長となりますね.

 しかし撮影する写真は大抵横長です(縦長にもなりますが).

 

 150423_02

  大抵写真はスマホの画面画素数よりも大きいので, 等倍で壁紙にすることはできません.

 

 150423_03

  なのでこんな感じに縮小したいんですが…

 

 150423_04

  実際やってみるとこんな感じになって, しかも縮小できないわけです.

 

 

問題はアスペクト比にあり

 どうやらiPhoneをはじめiOSデバイスは, 壁紙設定において「縦または横が切れないように縮小, 拡大する」ようです.

 ようは縦か横に黒いフチが出来ないようにしてくれてるんでしょうね.

 

  なので画面の縦横比とかけ離れれば離れる程, 写真は拡大されてしまう…というわけです.

 

 じゃあどうすればいいのか.

 

 

同じアスペクト比にするだけ

 150423_05

 簡単なことです, アスペクト比と画面と同じにすればよいわけです.

  予め加工しておくか, 或いは写真アプリの編集からトリミングするのがお勧めです, 後者は後で元に戻せますし.

 

 

 面倒ですが元のままだと何かと不自由する場合があります, 使用する画像によっては加工することをおすすめします.