もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

【iOS14】設定アプリのURLスキーム一覧(標準アプリ)

f:id:thetheorier:20200919091918p:plain

 iOS14のiPhoneで使用可能な設定アプリおよび標準アプリのURLスキームを紹介しています.

 基本的に前回(iOS13)のものを踏襲しています.

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

iOS13と若干の変更あり

ショートカット

ショートカット

  • Apple
  • 仕事効率化
  • 無料

※価格は記事執筆時のものです. 現在の価格はApp Storeから確認ください.

 レビュー時のバージョン : v4.0.1

 

 

環境および先頭の文字列について

 今回はショートカットアプリ内で検証しています.

 また設定アプリについては先頭が

 

app-prefs:root
prefs:root

 

である, またはappの"a"ないしprefsの"p"が大文字の場合に使用可能であることが定石でした.

 

 今回大まかに検証したところiOS14.0の時点では以下であろうことを確認しています.

 

  「設定」のみ  可能なものすべて 
prefs:root    ○ 
Prefs:root    ○ 
app-prefs:root  ○   
App-prefs:root  ○   
app-Prefs:root  ○   
App-Prefs:root  ○   

 

 というわけでiOS14ではprefs:rootないしPrefs:rootのいづれかを使用するのが無難であると思われます.

 過去にもありましたがメジャーバージョン後の途中のアップデートで変更されるケースもまれにあります.

 

 またiOS13からページが移動したもの, 使えなくなったと思われるものがあります, その場合は各自に記載があります.

 

 

設定アプリ(起動)

prefs:root
app-prefs:root

 

 appの"a", およびprefsの"p"を大文字にしても起動します.

 以降ではいづれも小文字で統一します.

 ※以降はapp-prefs:rootあるいはApp-prefs:rootでは使用できません(設定アプリトップへしか飛べない)

 

 

iCloud

prefs:root=CASTLE

 

iCloud > バックアップ

 

prefs:root=CASTLE&path=BACKUP

 

Wi-Fi

prefs:root=WIFI

 

Bluetooth

prefs:root=Bluetooth

 

モバイル通信

Prefs:root=MOBILE_DATA_SETTINGS_ID

 

通知

prefs:root=NOTIFICATIONS_ID

 

サウンドと触覚

prefs:root=Sounds

 

着信音

prefs:root=Sounds&path=Ringtone

 現在確認できません.

 

おやすみモード

prefs:root=DO_NOT_DISTURB

 

着信を許可

prefs:root=DO_NOT_DISTURB&path=Allow%20Calls%20From

 現在確認できません.

 

スクリーンタイム

prefs:root=SCREEN_TIME

 

休止時間

prefs:root=SCREEN_TIME&path=DOWNTIME

 

App使用時間の制限

prefs:root=SCREEN_TIME&path=APP_LIMITS

 

常に許可

prefs:root=SCREEN_TIME&path=ALWAYS_ALLOWED

 

一般

prefs:root=General

 

一般

prefs:root=General

 

情報

prefs:root=General&path=About

 

ソフトウェア・アップデート

prefs:root=General&path=SOFTWARE_UPDATE_LINK

 

CarPlay

prefs:root=General&path=CARPLAY

 

ホームボタン

prefs:root=General&path=HOME_BUTTON

 

Appのバックグラウンド更新

prefs:root=General&path=AUTO_CONTENT_DOWNLOAD

 

日付と時刻

prefs:root=General&path=DATE_AND_TIME

 

キーボード

prefs:root=General&path=Keyboard

 

キーボード > キーボード

prefs:root=General&path=Keyboard/KEYBOADS

 現在確認できません.

 

キーボード > ユーザー辞書

prefs:root=General&path=Keyboard/USER_DICTIONARY

 

キーボード > 片手用キーボード

prefs:root=General&path=Keyboard/ReachableKeyboard

 

言語と地域

prefs:root=General&path=INTERNATIONAL

 

辞書

prefs:root=General&path=DICTIONARY

 

VPN

prefs:root=General&path=VPN

 

プロファイル

prefs:root=General&path=ManagedConfigurationList

 

リセット

prefs:root=General&path=Reset

 

コントロールセンター

prefs:root=ControlCenter

 

画面表示と明るさ

prefs:root=DISPLAY

 

自動ロック

prefs:root=DISPLAY&path=AUTOLOCK

 

テキストサイズを変更

prefs:root=DISPLAY&path=TEXT_SIZE

 現在確認できません.

 

アクセシビリティ

prefs:root=ACCESSIBILITY

 

画面表示とテキストサイズ

prefs:root=ACCESSIBILITY&path=DISPAY_AND_TEXT

 現在確認できません.

 

キーボード

prefs:root=ACCESSIBILITY&path=KEYBOARDS

 

壁紙

prefs:root=Wallpaper

 

Siriと検索

prefs:root=SIRI

 

Touch IDとパスコード

prefs:root=TOUCHID_PASSCODE

 

緊急SOS

prefs:root=EMERGENCY_SOS

 

バッテリー

prefs:root=BATTERY_USAGE

 

バッテリーの状態

prefs:root=BATTERY_USAGE&path=BATTERY_HEALTH

 

プライバシー

prefs:root=Privacy

 

位置情報サービス

prefs:root=Privacy&path=LOCATION

 

連絡先

prefs:root=Privacy&path=CONTACTS

 

カレンダー

prefs:root=Privacy&path=CALENDARS

 ※iOS13では末尾の"S"はありませんでした

 

リマインダー

prefs:root=Privacy&path=REMINDERS

 

写真

prefs:root=Privacy&path=PHOTOS

 

マイク

prefs:root=Privacy&path=MICROPHONE

 

音声認識

prefs:root=Privacy&path=SPEECH_RECOGNITION

 

カメラ

prefs:root=Privacy&path=CAMERA

 

モーションとフィットネス

prefs:root=Privacy&path=MOTION

 

App Store

prefs:root=STORE

 

WalletとApple Pay

prefs:root=PASSBOOK

 

パスワード

prefs:root=PASSWORDS

 

メール

prefs:root=MAIL

 

メール > 通知

prefs:root=MAIL&path=NOTIFICATIONS

 

メール > アカウント

prefs:root=MAIL&path=ACCOUNTS

 

メール > データの取得方法

prefs:root=MAIL&path=FETCH_NEW_DATA

 

連絡先

prefs:root=CONTSCTS

 

カレンダー

prefs:root=CALENDAR

 

メモ

prefs:root=NOTES

 

リマインダー

prefs:root=REMINDERS

 

ボイスメモ

prefs:root=VOICE_MEMOS

 

電話

prefs:root=Phone

 

メッセージ

prefs:root=MESSAGES

 

FaceTime

prefs:root=FACETIME

 

マップ

prefs:root=MAPS

 

コンパス

prefs:root=COMPASS

 

計測

prefs:root=MEASURE

 

Safari

prefs:root=SAFARI

 

検索エンジン

prefs:root=SAFARI&path=SEARCH_ENGINE_SETTING

 

自動入力

prefs:root=SAFARI&path=AUTO_FILL

 

ダウンロード

prefs:root=SAFARI&path=DOWNLOADS

 

株価

prefs:root=STOCKS

 

ヘルスケア

prefs:root=HEALTH

 

ショートカット

prefs:root=SHORTCUTS

 

 

ミュージック

prefs:root=MUSIC

 

TV

prefs:root=TVAPP

 

写真

prefs:root=Photos

 

カメラ

prefs:root=CAMERA

 

ブック

prefs:root=IBOOKS

 

Game Center

prefs:root=GAMECENTER

 

 

 

標準アプリ

 ここからは標準アプリのURLスキームです.

 

 

アラーム

Clock-alarm:

(最後に開いたものが起動します)

 

カレンダー

calshow:

 

写真

photos-redirect:

 

ストップウォッチ

Clock-stopwatch:

(最後に開いたものが起動します)

 

世界時計

Clock-worldclock:

(最後に開いたものが起動します)

 

タイマー

Clock-timer:

(最後に開いたものが起動します)

 

天気1

Weather://?index=0

 末尾の数字nに対して上からn+1番目の天気を表示します(上記は0+1=1なので一番上のもの).

 登録に該当しないインデックスを指定した場合は正しく表示されません.

 

天気2

weather:

 場所不明の天気の追加を要求します.

 iOS13まではこちらを使うのが無難でしたがiOS14では前者を浸かった方が良さそうです.

 

電話

tel:0123456789
telprompt:0123456789

(どちらでも確認のためのプロンプトが表示されます)

 

よく使う項目

MobilePhone-favorits:

 現在確認できません.

 

履歴

MobilePhone-recents:

 

留守番電話

Vmshow:

 

友だちを探す

findmyfriends:

 

TV

videos:

 

ヘルスケア

x-apple-health:

 

ボイスメモ

Voicememos:

 

翻訳

translate:
Translate:

 iOS14から追加されたアプリです.

 先頭の"T"は大文字でも小文字でも良いようです.

 

メール(起動)

message:

 

メール(新規作成)

mailto:

 

メッセージ(新規作成)

sms:

 

ミュージック

music:

 

メモ

mobilenotes:

 

 

 

iOS13から変更・移動した項目

 iOS14になったことで案の定設定アプリ内の項目名や場所が変わっているものがあります.

 URLスキームに関わる範囲で確認しているのは以下となります.

 

[iOS13] コントロールセンター>カスタマイズ

[iOS14] なし

 

[iOS13] iTunes StoreとApp Store

[iOS14] App Store

 

[iOS13] パスワードとアカウント

[iOS14] パスワード

 

[iOS13] パスワードとアカウント > アカウントを追加

[iOS14] なし

 

[iOS13] パスワードとアカウント > データの取得方法

[iOS14] メール > データの取得方法

 

[iOS13] なし

[iOS14] メール > アカウント

 

 

 「何でこれが?」といった項目が使えなくなったしています.

 大文字小文字の変化や項目名の変更によるものなど, すぐに分かるような変化は簡単に検証できるんですがちょっと捻りがあるとお手上げですね.

 それでも"CALENDAR"から"CALENDARS"みたいな変え方はやめて欲しいものです…

 

 一方でiOS14で登場した翻訳アプリのURLスキームはとても簡単だったりで, わからないものです.

 ただ"translate:"ととてもシンプルであるため, サードパーティ製アプリと競合する恐れがあります.

 

blog.thetheorier.com

 過去にはそれを悪用するアプリがちらほらあったものです.