もう一人のY君

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう一人のY君

iPhoneアプリのレビューやアップデートレビューなどを書いています. たまに数学の記事も書きます.

もう一人のY君 MENU

Webサイトリマインダーアプリ「BroseLuck」

iOS iOS-アプリレビュー

スポンサーリンク


160630_16

 気になるWebサイトなどを忘れずチェックできますね.

 

BrowseLuck: Website Reminder & To-do List

BrowseLuck: Website Reminder & To-do List

  • Browseluck
  • 仕事効率化
  • 無料

※価格は記事執筆時のものです, 閲覧時の価格はApp Storeから確認してください.

 レビュー時のバージョン : v1.0

 

[Contents]
 

 

指定したサイトへアクセスできるリマインダー

 カレンダーアプリなどで, 通知が来たらそのアプリを開くことができる場合がありますが, アプリの代わりにWebサイトというわけですね.

160630_17

 はじめて起動する場合はリマインダーが空っぽなので自動的にNew Reminder画面になります.

 画面上にある「eBay」と「Google News」はアプリ側が用意したテンプレートです.

 通常はその下を埋めていきます.

 

①Reminder name

 リマインダーの名前です.

 後で通知される場合の一文目にもなります.

 

②Website address

 開きたいWebサイトのURLを書きこみます.

 通知の際2文目に表示されます.

 

③Pick Date & Time...

 通知を行う日付, 時刻を指定します.

 時刻は分単位まで指定可能です.

 

④No Repeat

 設定したリマインダーは, 1回限りにしたり何度も繰り返すことができます.

 上記のPick Date & Time...が未指定だとNo Repeatから変更できません.

 デフォルトではNo Repeatということで繰り返し無しですが, タップすることで

  • No Repeat (繰り返し無し, デフォルト)
  • Repeat Days (毎日, タップして曜日を決めます)
  • Every 10 minutes (10分ごと)
  • Every hour (1時間ごと)
  • Every day (1日ごと)
  • Every week (1週間ごと)
  • Every month (1ヶ月ごと)
  • Every year (1年ごと)
  • Custom (カスタム, 下参照)

 から選びます.

 

160630_28

 Customを選択すると, スケジュールスパン(1~99の数に加えminutes, hours, days, weeks, months から一つずつ選択)と通知する回数(1~99)を指定できます.

 設定すると下に次の予定がその都度表示されます.

 

⑤Notes...

 その他詳細やメモをここに書きこみます.

 これも通知の3文目に表示されます.

 

 長くなりましたが以上を書きこんだら画面下のSAVEをタップして確定します.

 

 因みに2つのテンプレートをタップすると①②③が自動的に書きこまれます.

 

 

160630_21

 無事確定したリマインダーは「Reminders」メニューの一覧に表示されます.

 項目下にある3つのマークは

  • ベルマーク : 通知のオン/オフ (画像はオンの状態, タップすると白抜きになってオフになります)
  • 鉛筆マーク : リマインダーの編集
  • ゴミ箱 : リマインダーの削除

となります.

 

 リマインダーを追加する場合は画面左上の+アイコンをタップします.

 

 

通知

160630_22

 時間になると画像のように通知がやってきます.

 「閉じる」をタップすると何もしません.

 

 

160630_23

 「開く」をタップするとBrowseLuckが起動し, アプリ内ブラウザで指定したWebサイトが開きます.

 画面上のボックスから検索もできるので, 機能は他に劣りますが一般的なブラウザとして使うことも可能です.

 検索エンジンはGoogleで変更はできないようです.

 画面右上の三点アイコンをタップして, ページを読みなおしたりSafariで開くことができます.

 

 

160630_24

 またBrowserメニュー内の左上にある+アイコンをタップすることで, 表示中のWebサイトURLを自動挿入してリマインダーを新規作成することができます.

 但しこのときリマインダー名はWebサイトのタイトルにはなってくれないことがあるようです.

 例えば「Google Keep」で検索して+アイコンをタップすると, リマインダー名は「Google Keep - Google 検索」となっています.

 リネームするだけですし, URLをいちいちコピーして貼り付ける手間が省けるので便利であることに間違いないと思います.

 

 

History

160630_25

 Historyメニューではこれまで通知が行われたリマインダーの一覧が表示されます.

 タップして再びアクセスしたり(この場合再びHistoryが追記されます), ゴミ箱アイコンをタップして個別に削除したり, 右上の「Clear All」で一括削除もできます.

 

 

 RSSなどとはまた違う目的で使えそうです.

 URLスキームは今現在は確認できませんでした.

 

 

 因みに, この手のことはやろうと思えばWorkflowでも出来そうです.

 

Workflow: Powerful Automation Made Simple

Workflow: Powerful Automation Made Simple

  • DeskConnect, Inc.
  • 仕事効率化
  • ¥360

※価格は記事執筆時のものです, 現在価格はApp Storeから確認してください.

 しかしギャラリーにあるならまだしも, 作るのは我々初心者では難しいです.

 それに任意にリマインダーを整理・管理することを考えたらやはり厳しそうですね.

 

 

 関連する記事はこちら↓

[Search]iPhone URLスキーム -The theoryの戯言

iPhoneのURLスキームを検索して一覧表示できます. リクエストは内容に応じてお答えします.